お問い合わせ 06-6428-2656
兵庫県尼崎市栗山町1丁目23-32 リバーサイドマンション108

ご予約はこちらから

その他の症状について

  • HOME
  • その他の症状について

インフルエンザの予防接種を
10月位から例年通り実施します。

平成28年より新型A・A香港・B型2種の四種類をカバーします。卵アレルギーの方で、有症状の方やご心配の方は診察、テストの上で実施の可否を判断いたします。
少し時間に余裕を持ってお越しください。

年齢 内容 備考欄
13歳以上 予防接種は原則一回です。気管支喘息、糖尿病、腎炎等の病気がある人や受験期の人は必要です。
3~12歳まで 一回0.5mlを2~4週(3~4週間間隔が望ましい)あけて2回実施します。それ以上開いた場合でも2回実施することが大事です。
6ヶ月~3歳まで 一回0.25mlを2~4週(3~4週間間隔が望ましい)あけて2回実施します。やはり2回接種することが大事です。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎について考えます。

アトピックスキンとは

皮脂膜がほとんどなく、角質層も弱く乾燥しやすく、刺激に弱い状態です。この下でアレルギー細胞達が炎症を起こして、急性や慢性の湿疹を引き起こします。下の健康皮膚との違いに注目してください。
治療は、アレルギー性炎症(湿疹)対策とスキンケア(清潔、保湿)になります。上手な軟膏療法、お薬選択、生活の工夫やかゆみ対策が重要です。乳幼児や一部の方では食事も大きな問題になります。年齢、性別や成長を配慮した治療計画を一緒に考えてみませんか。

正常な皮膚とは

健康な皮膚は弱酸性の皮脂膜、角質層でアレルゲンや有害物質、刺激物から守られています。更に角質細胞の内外にセラミドを始めとする保湿機構があります。

気管支喘息

気管支喘息は成長に伴い変化します。

喘息と成長

1.乳児喘息
1~2歳まで、一部の重症と多数の成長で治る児がいます。一部に吸入ステロイドや自宅でのインタール吸入他を必要とします。

2.幼児喘息
3歳頃までは成長するにつれて自然と治る児がいます。その一方で一時的に吸入ステロイドを必要とする子が少しずつ増えます。小児期喘息の好発年齢で、新しい抗喘息薬が有効な場合があります。

3.学童期喘息
運動誘発喘息が多くなります。またアレルギー炎症を伴う慢性喘息が比率的には増えてきます。小学3~4年生を過ぎても発作の多い児は治療を見直す必要があります。呼吸機能検査が可能になり、慢性的変化が判断できるようになります。吸入ステロイドが必要な児が増えてきます。

4.思春期喘息
丈夫になるため喘息が分かりにくくなります。多くは、早朝や運動時の喘鳴だけになります。吸入ステロイドが多く必須となります。重症な方が分かりにくく、呼吸機能検査が必須となります。

5.成人喘息
小児気管支喘息の1~3割の方(幼時から学童期の治療で変わります)が持ち越し、多くは成人期発症です。吸入ステロイドはほぼ必須となりますが、小児喘息持ち越しの方は上手にコントロールが可能です。

喘息と成長

軽症間欠型の人は、程度に応じた対処療法(テオドール、気管支拡張剤の内服など)が選ばれます。軽症持続型ではアレルギー性炎症を抑えるお薬の必要度が増します。中等症以上ではステロイド吸入の積極的使用が必要となり、上手な使用が治療上大切になります。是非ご相談ください。

気管支喘息の治療は重症度で決まります。

アレルギーについて

人(動物全般)は自分以外の存在と対話しながら生きています。その対話が自分にとって不利益をもたらされた時がアレルギーと言われます。
従って、食べ物、細菌、ウィルス、薬、装飾品等、さまざまなものでアレルギーは起こります。アトピー体質の人はその頻度が高いと考えられますが、アレルギーではないことも多いものです。
アレルギーかなと思った方はご相談ください

アレルギーと病気

アレルギー反応には5つのタイプがあります。それぞれ特徴的な病気があります。頻度的には1型と4型が高くなります。

ウィルス、細菌と人間

ウィルスと人、動物

人を含む動物はミトコンドリアというエネルギー産生装置を細胞内に取り込んで生まれたと言われます。実はこのミトコンドリアはウィルスと類似の存在で、進化の過程で動物細胞が取り込んだと言われています。環境の変化に合わせて動物が生きていくためにはこのようなウィルスと共存することが大切になります。
風邪を引くということはある意味で人間がこの地球環境へ適応するために大切なプロセスと考えられます。
上手に感染症と付き合うための工夫を一緒に努力してみませんか?

こちらから即時ご予約できます!

当院の診察券をお持ちの方は便利にご利用いただけます!インターネットで即座に予約が可能!
初めて受診される方はお手数ですが一度来院をお願いいたします。

こちらから即時ご予約できます! 06-6428-2656

ご予約はこちら