井上小児科

井上小児科/兵庫県尼崎市/育児相談・ぜんそく・アトピー相談

HOME»  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎について考えます。

 

アトピックスキンとは

皮脂膜がほとんどなく、角質層も弱く乾燥しやすく、刺激に弱い状態です。この下でアレルギー細胞達が炎症を起こして、急性や慢性の湿疹を引き起こします。下の健康皮膚との違いに注目してください。
治療は、アレルギー性炎症(湿疹)対策とスキンケア(清潔、保湿)になります。上手な軟膏療法、お薬選択、生活の工夫やかゆみ対策が重要です。乳幼児や一部の方では食事も大きな問題になります。年齢、性別や成長を配慮した治療計画を一緒に考えてみませんか。

 

正常な皮膚とは

健康な皮膚は弱酸性の皮脂膜、角質層でアレルゲンや有害物質、刺激物から守られています。更に角質細胞の内外にセラミドを始めとする保湿機構があります。