井上小児科

井上小児科/兵庫県尼崎市/育児相談・ぜんそく・アトピー相談

HOME»  軟膏の使い方

軟膏の使い方

アトピー性皮膚炎の人は、保湿、入浴、痒み対策、食事の工夫等(制限を含む)を行った上で、ステロイド軟膏を上手に使うことが重要になります。その際の注意点を考えてみました。

 

軟膏の使い方(ステロイド以外)

(ステロイド以外の軟膏の効果的な使用法、注意点)
1、必ずきれいにして(洗う、拭く)、たっぷりと(特に保湿剤)塗ります。
2、保湿軟膏は一日最低2-3回の塗布を基本とします。乾燥の強い場合や刺激物(よだれ、食べ物等)が付いたときは洗い流して再塗布します。
3、非ステロイド性薬剤混入の軟膏は一日2-3回の塗布とします。直射日光は避ける必要があります。
4、非ステロイド性軟膏は年長児では接触性皮膚炎の原因となることもあり、注意が要ります。
5、何れも湿疹やアレルギーを抑える能力は低いですが、ステロイド軟膏の減量効果が望まれます。
6、免疫抑制剤軟膏はアトピー性皮膚炎の顔面紅班型などで著効を示しますが、十分な理解を必要としますのでご相談ください。

 

ステロイド軟膏の種類

湿疹の程度(皮膚のどこまで深く障害されたか)により必要となるステロイド軟膏のレベルが変わります。また年齢や湿疹部位も考慮されます。
弱い  :テラコートリル、ネオメドロールEE等
中等度 :ロコイド、アルメタ、キンダーベート
強い  :リンデロンV、ボアラ、リドメックス
かなり強い:マイザー、ネリゾナ、トプシム
最も強い :デルモベート、ダイアコート
最も強いステロイドは中・高校生以上で、特別な場合でのみ使用します。

 

ステロイド軟膏の使い方

(ステロイド軟膏の効果的な使用法、注意点)
1、必ずきれいにして(洗う、拭く)少量を薄く広げるように塗ります。
2、必要時は一日1-2回塗布し、慢性の時は漸減していきます。
3、より効果を出すために、保湿軟膏等をその上から重層することがあります。(順番はご相談ください)
4、直射日光等、強い太陽光に晒さないように注意してください。
5、真菌(カビ)や細菌、ウィルス感染との合併に注意が要ります。
6、効きが悪いときは早めに相談ください。